Japanese | English

ページナビ

研究室の所属


SCSについて

複雑系のシミュレーション(Simulation of Complex Sytems, SCS)の研究を推進している。
21世紀の工学問題を複雑系の典型例として、離散モデル(Discrete Models)を用いたシミュレーションによって、システム機構の解明と問題解決手法の発見を目指している。

お知らせ

2011/05/12
5月12日から、システム創成学科SIMコースの領域プロジェクトが始まります。2名の4年生は研究室の新しいメンバーになりました。プロジェクトの研究テーマはそれぞれ、「MGとMDRAGの統計性質の比較」と「格子ボルツマンモデルによるブラウン運動のシミュレーション」になっています。
2011/04/28
5月16日18:00から駒場キャンパスにて、システム創成学科SIMコースがオープンラボを企画しています。当研究室も出展予定です。
日時:5月16日(月) 18:00〜19:30(懇親会含む・無料)
場所:駒場食堂2F Dining銀杏 イタリアントマト側

研究概要について

現時点のSCSの研究対象は、複雑物理系を代表する複雑流体および複雑適応系 を代表する社会経済システム(例えば、金融市場)である。

複雑物理系のシミュレーション

複雑適応系のシミュレーション

ホーム | SCSとは | 研究概要 | アクセス
Copyright © SCS Laboratory. All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア